効果的な食事療法とは│腎臓病を防ぐことができます

笑顔の男の人

腎臓疾患におけるポイント

夫婦

家族の理解と協力

腎臓は、血液中に存在する老廃物を体内に排出させる役割を担っている重要な器官です。加齢、ストレス、その他様々な原因によってこの機能が低下し、排出がスムーズに行われなくなってしまう疾患が腎臓病です。腎臓病患者にとって、重要なポイントは食事です。疾患を抱える腎臓に負担を与えないため、また、症状の進行を遅らせて体調を良くするためにも、食事は気を付けて行わなければなりません。腎臓病患者にとって良くないとされているのが、たんぱく質を多くとること、塩分を多くとることです。肉や魚などのたんぱく質を控えているつもりでも、ご飯や野菜などにも微量なたんぱく質は含まれているため、医師の指導の元、きちんと栄養管理を行わなくてはならず、そのためには、家族の理解と協力が大切なポイントとなります。

工夫が大切です

たんぱく質と塩分を多くとることが、腎臓病患者の食事にとって良くないとされている理由を説明します。たんぱく質は、体内で代謝され、不要物は老廃物となって血液中に溜まり、腎臓でろ過されますが、このメカニズムが、正常に機能しない腎臓に大きな負担を与えてしまうと言われているため、なるべく多くとる事を避けると良いと言われています。また、塩分の過剰摂取は、腎臓病だけでなく、むくみや高血圧などの原因となってしまい、更なる疾患をもたらしてしまう可能性が高くなると言われています。家族の理解と協力の元、減塩調味料や、たんぱく質や塩分を最初から押さえて作られている治療用特殊食品などを利用して、工夫しながら食事をしていくことが大切です。

Copyright© 2016 効果的な食事療法とは│腎臓病を防ぐことができます All Rights Reserved.