効果的な食事療法とは│腎臓病を防ぐことができます

料理

腎機能の低下を防ぐ

シニア

たんぱく質など制限が多い

腎臓病には食事療法が大切です。それによって腎臓病の進行をおさえ、体調を良好に保つ役割があります。食事療法に関しては、腎臓の状態や症状に応じて医師からたんぱく質、エネルギー、塩分、水分、カリウムなどの摂取量にについて指示がありますので、それに従った食事を摂るようにします。たんぱく質の制限をするのは、腎臓に負担をかけないためです。摂取したたんぱく質は体内で代謝され老廃物となり、腎臓から排出されます。たんぱく質の量が多いと老廃物が増え腎臓に大きな負担がかかるのです。エネルギーは十分摂取するようにします。エネルギーが足りないと、体内でたんぱく質がこわされてエネルギーとして利用されます。こうなるとせっかくたんぱく質を制限していても老廃物が増え、意味がなくなってしまいます。

治療用特殊食品を利用

腎機能が低下してナトリウム(塩分)の排泄能力が落ちていますので、塩分を摂りすぎると、血圧があがり浮腫が出て身体に負担がかかります。特に高血圧の人は塩分制限が大事です。カリウムの排泄能力が落ちてくるとカリウム制限の指示が出ることもあります。カリウムはあらゆる食品に含まれているため、たんぱく質を制限すればカリウムを減らすこともできます。生果物はカリウムが多いのでできるだけ避けます。カリウムは水に溶けるので、野菜は小さく切ってゆでこぼすなどしてカリウムを減らします。症状によっては水分制限が必要になる場合もあり、そのときは水分を軽量して飲むようにします。腎臓病の食事のために開発された治療用特殊食品を利用するのもひとつの方法です。高エネルギー食品、低たんぱく食品、低カリウム食品などいろいろありますので、上手に活用しましょう。腎臓病食の宅配サービスを利用するのもお勧めです。

むずかしい病人食

料理

腎臓病患者は、特定の成分を抑えた厳しい食事制限をしなくてはなりません。その食事を毎日作るのは大変ですが宅配なら便利です。薄めの味付けでも美味しく献立も豊富なので飽きません。最初は、お試しコースを利用してみることがいいでしょう。

» 詳細を読む

腎臓に良い食生活をする

笑顔の夫婦

タンパク質の過剰摂取などにより、腎臓に負担がかかってしまうと、腎機能が低下し腎臓病に陥ってしまうことがあります。腎臓病を発症してしまった人、もしくは発症しそうな人は、まず食事の改善により腎臓の負担を軽減しましょう。

» 詳細を読む

腎臓疾患におけるポイント

夫婦

腎臓は、血液中の老廃物の排出を促す重要な器官ですが、様々な理由からこの機能が低下し、腎臓病になってしまうことがあります。腎臓病になった場合、重要なのは食事です。たんぱく質や塩分の過剰摂取に気を付け、家族の理解と協力の元、工夫しながら食事をとっていくことが重要です。

» 詳細を読む

Copyright© 2016 効果的な食事療法とは│腎臓病を防ぐことができます All Rights Reserved.